近年はトラックドライバー不足に悩んでいる日本ですが、トラックドライバーの求人には短距離ドライバーの求人と長距離ドライバーの求人の2種類があります。この記事では、それぞれの特色や、メリット・デメリットについて紹介します。

短距離ドライバー

短距離ドライバーの求人も多数ありますが、短距離ドライバーとなるとその名の通り比較的近距離の運送を目的としていて、日帰りで行ける距離の仕事が多い傾向です。それでは、短距離ドライバーの求人の特色や、メリット・デメリットについて紹介します。

短距離ドライバーの求人の傾向

短距離ドライバーの仕事のメリット

短距離ドライバーの仕事のデメリット

長距離ドライバー

長距離ドライバーの場合は、その名の通り長距離の運行を行う業務で、車内で宿泊することも少なくありません。この項では長距離ドライバーの仕事の特色やその仕事のメリットやデメリットについて紹介しますので参考にしてください。

長距離ドライバーのデメリット

運転による疲れを上手く解消していく

ドライバーの求人には、長距離ドライバーの求人もあり待遇が良い事が多いので人気があります。仕事内容はシンプルで、決められた荷物を目的地まで運ぶ仕事であり運転が主な業務となります。そこで、長距離ドライバーのデメリットには、長時間の運転の疲労がありますよね。長時間運転すると、当然運転による疲労が蓄積されて体調が崩れることがあるでしょう。そこで、長距離ドライバーとして働く時には、適度に休憩を取り運転による疲れを解消しながら走行していく必要があります。 運転による疲れを解消する方法については、先輩や会社からアドバイスをもらう事ができますし、マニュアルにも記載されていることがあります。基本的に長距離ドライバーは高速道路を走ることが多いので、2時間おきぐらいにサービスエリアで休憩を取るようにしましょう。

運転技術が必要になる

長距離ドライバーは、長時間運転する事になるので高い運転技術が必要です。長時間運転していると、運転するのが当たり前のような感覚になるので油断してしまう事があります。もし、油断して運転ミスが起きると重大な事故に発展する可能性があるので、その点が長距離ドライバーの1つのデメリットです。そこで、運転する時には常に緊張感を持って油断しないようにします。さらに、長時間運転していると油断していなくても運転ミスが起こる可能性がありますよね。 そのような時に運転技術が高いと、うまくそのミスをカバーできて事故を防ぐ事ができます。もし、長距離ドライバーとして働きたいのであれば自分の運転技術を高めてから求人に応募する事が重要です。