短距離ドライバーの仕事のメリット

融通が利きやすいのが短距離ドライバー

トラックドライバーの仕事を大きく分けると、長距離トラックドライバーと短距離トラックドライバーに分かれます。どちらのドライバーの場合でも、荷物を積んで目的地に運ぶという作業には違いがありませんが、拘束時間であったり、一日のスケジュールには大きな違いがあります。トラックドライバーとして仕事をしたいと考えている人は、長距離ドライバーと短距離ドライバーではどちらが自分にぴったりと合っているのかを考えて、就職するのが良いでしょう。短距離ドライバーのメリットを紹介しますと、地域に密着した形で地元の個人のお客さんに荷物を届けることが多く、お客さんとコミュニケーションが取りやすいという特徴があり、人と会話することが好きな人には向いています。

仕事が早く感じることができます

長距離ドライバーの場合は、トラックに積み込んだ荷物を遠くの目的地まで運ぶという任務が中心になりますので、移動距離はとても長く、荷物を届けるお客さんも限定されてきますし、一日に一件のお客さんだけに荷物を届けたりします。その一方で短距離ドライバーの場合は、何十件ものお客さんに荷物を時間指定で届けていきます。毎日とても慌ただしく時間が過ぎていくでしょう。暇で時間の経つのがとても遅いよりは、忙しくあっという間に時間が過ぎてしまった方が良いでしょう。時間が早く感じるのは集中している証拠でもありますし、自分自身とても充実した時間を過ごせるでしょう。また、短距離ドライバーの場合、一日のうちに営業所に戻ることも多々あり、会社内でのスキンシップも取りやすいです。