短距離ドライバーの求人の傾向

拘束時間が短いのが良い

短距離ドライバーの場合は、長距離ドライバーと比べて拘束時間が短いです。給料が長距離ドライバーより安いですが、拘束時間が短くて休日も多いので選ばれている傾向があります。

最もドライバー職は体を使う仕事であり、特に運転中は座りっぱなしですので意外と腰に来ます。最悪の場合はヘルニアを患う事がありますので、運転している時間が短い短距離ドライバーのほうが体にかかる負担が少ないです。
そして、短距離ドライバーの場合は日帰り圏内にしか配送に行きませんので、その日のうちに自宅に帰れるのが最大のメリットです。長距離ドライバーの場合は二日がかり、三日がかりで仕事をしていることが多いですので、これらの点も短距離ドライバーが好まれている傾向かもしれません。

普通免許さえあればよい

短距離ドライバーは、たいていは普通運転免許でも運転できる小型トラックでの配送が多いです。最近ではオートマ車も増えてきていますので、オートマ限定免許の人でも運転できますので、応募してくる人が増えてきています。
中型免許があれば、中型トラックを運転できますし、大型免許があれば大型トラックを運転することができます。特に運送業界は運転するトラックが大きくなるほど給料も上がっていきますので、稼ぎたい人はランクが上の免許を取得しに行き、キャリアアップを図るという傾向があります。

最近では、大型トラックの女性ドライバーも増えてきていますので、男女問わず活躍できる環境になってきています。また、距離によっても給料は変わりますので、手始めに短距離ドライバーから始めるのがベストです。