長距離ドライバーのメリット

マイペースで仕事をすることができる

長距離トラックドライバーの求人を見て応募する場合は、事前にそのメリットを知っておきたいところです。メリットの一つは、マイペースで仕事をすることができる事でしょう。荷物の積み込みや積み下ろし、あるいは時間内に配達しなければならないといった問題はありますが、それ以外の移動時間はすべて自分で計画を組み立てることが可能になります。運転中は、居眠りなどをしなければ音楽を聴きながらパンをかじっていても問題ありません。おなかがすいたときに食事をして、のどが渇いたときに好きな飲み物を飲むことが可能なわけです。煙草を吸っていてもだれにも文句を言われることはないでしょう。休憩するときも、自分が好きなサービスエリアやパーキングエリアを選んで休憩することが可能です。

いろいろなところに行くことができる

長距離トラックドライバーになれば、いろいろなところに行くことができます。基本的に日本の物流の大動脈といわれる東京と大阪間を移動することは多くなりますが、地方などに配達すると今までに見たことがない景色を楽しむことができます。半分は旅行気分で運転を楽しむことができるでしょう。気になるパーキングエリアやサービスエリアがあった場合にはそこで立ち寄りお土産などを買ってみてもよいかもしれません。ご当地料理もサービスエリアを利用すれば食べることも可能になります。

運転がうまくなることもメリットの一つです。乗用車に比べると、その何倍も大きいトラックを使って長距離運転をしますので、乗用車の運転は非常に簡単に思えるでしょう。それと同時に、安全確認も習慣化することにもなり、プライベートでも役に立ちます。