長距離ドライバーの求人の傾向

他のドライバー職より給料が高いことが多い

平均的なことをいえば、長距離ドライバーの月収は30万から60万程度、年収だと400万から750万程といわれています。短距離や中距離ドライバーの場合、月収が25万から40万程、年収になると300万から500万程度でといわれているような状況です。トラック運転手の平均年収でいうと、350万から486万円といった感じ。平均的なことをいえば、長距離ドライバーの求人の待遇は結構いいということが理解できます。収入が高いということは、やはりモチベーションが上がりやすいです。自分へのご褒美に高級ブランド品や高級家電を購入する、支えてくれる家族のためにお礼するために家族旅行や高級レストランに行くこともできるでしょう。同窓会でも給料のことを聞かれることもありますが、年収400万から750万程度だと、自信を持っていいやすいのではないでしょうか。

配達先は基本的にかなり遠い地域になる

基本的に配送先まで片道で300キロメートルを超える距離を走行するのが、長距離ドライバーです。ちなみに、短距離から中距離ドライバーは、半径約50キロメートルから200キロメートル以内を拠点として、通常複数の配達先を回ります。長距離の場合は、判断ミスをする大変なことになることもあり、たとえば、一般道路で間に合うと考えていたけどイベントがあり渋滞していて、到着が遅れるなど。短距離から中距離の場合も同じですが、長距離の場合は目的地が遠くなるので、対策を講じてもどうしても遅延してしまうこともあるでしょう。指定された時間を守るために、道路の状況や天候などさまざまなことを考える必要があります。その結果、約束通りに荷物を届けることができると、お客さんから本心でありがとういわれることもあるので、やりがいはあります。